◆光設計研究グループ第60回研究会「バーチャルリアリティとウェアラブル」

光設計研究グループ第60回案内

◎日時:2016年10月21日(金) 10:00~17:20
◎場所:板橋区グリーンホール(1Fホール)〒173-0015 東京都板橋区栄町36-1
◎交通:東武東上線 大山駅下車徒歩5分程度、都営地下鉄三田線 板橋区役所前駅下車徒歩5分程度
(交通の詳細はこちらを参照→http://www.itabun.com/access/index.html
◎主催:一般社団法人日本光学会光設計研究グループ
◎共催:板橋区、独立行政法人理化学研究所、宇都宮大学オプティクス教育研究センター
◎協賛:応用物理学会他。※協賛団体はホームページをご確認ください。
◎趣旨:今年、コンシューマー向けの低価格なバーチャルリアリティ(VR)システムのリリースが相次ぎ、
VR やウェアラブルデバイスがいよいよ身近な存在になりつつあります。本研究会では、これらに関連する光
学系、デバイス、コンテンツなど多方面に渡る研究や開発についてご講演頂きます。また、本研究会は第三
回板橋オプトフォーラム(IOF)との共催となります。研究会後には講演者を交えた交流会も予定しておりま
すので、是非ご参加頂き親交を深めて頂ければ幸いです。皆様のご参加を心よりお待ちしております。

【プログラム】
○2016年10月21日(金) 10:00~17:20

10:00 開会の挨拶

<セッション1> / 10:05~12:05
10:05 1.「VR2.0 の世界」 廣瀬 通孝(東京大学)
10:45 2.「眼鏡型ディスプレイとその基幹部品の超小型化のための検討」 勝山 俊夫(福井大学)
11:25 3.「強誘電マイクロ液晶表示素子とウェアラブルへの展開」 大石 正樹(シチズンファインデバイス㈱)
12:05 – 13:00 お昼休

<基調講演> / 13:00~14:00
13:00 板橋オプトフォーラム基調講演 「タイトル(未定)」 和田 智之 氏(理化学研究所)
14:00 – 14:15 小休止(グリーンホールへの移動時間)

<セッション2> / 14:15~15:35
14:15 4.「ホログラフィック光学素子を用いたウェアラブルディスプレイの光学設計」 稲垣 義弘(コニカミノルタ㈱)
14:55 5.「HMD 型ウェアラブルデバイスとVR/AR コンテンツの適合性と特徴」福田 登仁(ウエストユニティス㈱)
15:35 – 15:50 コーヒーブレイク

<セッション3> / 15:50~17:10
15:50 6.「ウェアラブルグラス/HMD の普及と業務プロセスへの適用」 加苅 政猛(サイバネットシステム㈱)
16:30 7.「設計者と消費者による共創イノベーションのためのインタラクティブ技術」杉浦 裕太(慶應義塾大学)

17:10 閉会の挨拶

17:30 交流会 (参加費:2,000円) (※注3)
【注意事項】
1)講演の順番が変更となる可能性があることを予めご了承ください。
2)プログラムおよび開催場所・時刻につきましては,光設計研究グループのホームページにてご確認下さい。
(http://www.opticsdesign.gr.jp/ )
3)板橋オプトフォーラム基調講演と交流会の会場は「グリーンホール1F」となりますのでご注意ください。

【申込要領】
参加費:光設計研究グループ個人会員:4,000円、光設計研究グループ学生会員:無料
一般:10,000円、学生一般:2,000円
日本光学会及び共催・協賛団体個人会員:8,000円
光設計研究グループ賛助会員企業:8,000円
日本光学会及び共催・協賛団体学生会員:1,000円
当日、受付けにてお支払い下さい。
定員:研究会 200名 / 交流会 120名(定員になり次第締め切ります。定員オーバー後の申込みはその旨ご連絡致します。)
参加申込:氏名(フリガナ),所属,住所,TEL,FAX,E-mail,参加区分(参加費参照),
交流会(参加費:2,000円)参加の有無を,E-mailにて下記申込先までお送り下さい。

【申込先】
キヤノン(株) イメージコミュニケーション事業本部 光学技術33 開発室 菊地 正
〒321-3298 栃木県宇都宮市清原工業団地23-10
TEL:(028)667-5711
E-mail: k60reg@opticsdesign.gr.jp

【問合せ先】
サイバネットシステム株式会社 CAE 第1 事業本部 オプティカル事業部 技術部 岩井 広成
〒101-0022 東京都千代田区神田練塀町3
TEL:(03)5297-3424
E-mail: k60@opticsdesign.gr.jp