一般社団法人 日本光学会 光設計研究グループ 第62回研究会

「マシンビジョンに関わる光学および画像技術」

62nd-workshop_20170509

【日 時】2017年7月14日(金)10:10-17:35

【場 所】キャンパスプラザ京都 〒600-8216 京都市下京区西洞院通塩小路下る東塩小路町939

【交 通】「京都駅」(JR各線、京都市営地下鉄烏丸線、近鉄京都線)より徒歩5分。
(交通の詳細はこちらを参照→http://www.consortium.or.jp/about-cp-kyoto/access

プログラム

【ご案内】マシンビジョン技術は私たちの日々の生活に浸透し始めてきています。マシンビジョンに関わる照明や計測技術、画像解析技術の進展に伴い、各種製品の自動検査、自動ピッキングによる効率的搬送など、今後の社会において必要不可欠なものとなっています。本研究会では「マシンビジョン」を共通項として、多方面から最近の話題を集め、それぞれの分野でご活躍の先生方に最新の研究開発についてご講演いただきます。研究会後にはご講演の先生方を交えた懇親会も予定しておりますので、この機会に是非ご参加いただき、交流を深めていただければ幸いです。皆さまのご参加を心よりお待ちしております。

10:10  開会の挨拶

【セッション1】10:20~11:40

10:20  1.「マシンビジョンにおける3D画像計測技術の最新動向」       諏訪 正樹氏(オムロン)

11:00  2.「構造化ライトフィールドによる高速距離画像計測手法」       奥 寛雅氏(群馬大学)

11:40  <昼食>(11:40~12:50)

【セッション2】12:50~14:10

12:50  3.「従来型照明の常識を変えるVISA可変照射立体角照明」

(第22回VISION AWARD受賞記念講演)     増村 茂樹氏(マシンビジョンライティング)

13:30  4.「物体指紋認証による個体識別」                    石山 塁氏(NEC)

14:10  <休憩>(コーヒーブレーク:14:10~14:30)

【セッション3】14:30~15:50

14:30  5.「マシンビジョンカメラ用レンズの光学設計技術」       岡田 和佳氏(富士フイルム)

15:10  6.「カラー画像と近赤外線画像を同時に撮影可能なイメージングシステム」   奥富 正敏氏(東京工業大学)

15:50  <休憩>(コーヒーブレーク:15:50~16:10)

【セッション4】16:10~17:30

16:10  7.「Deep Learningによる物体認識と最新動向」           藤吉 弘亘氏(中部大学)

16:50  8.「Deep Learningを用いた外観検査」            久保田 進也氏(シーイーシー)

17:30  閉会の挨拶

17:40  懇親会

※題目・講演の順番が変更となる可能性があることを予めご了承ください。最新の情報はホームページをご確認ください。

【主 催】一般社団法人 日本光学会 光設計研究グループ 代表:辰野 響((株)リコー)

【共 催】公益財団法人 京都高度技術研究所

【協 賛】応用物理学会、精密工学会、情報処理学会

【参加費】         光設計研究グループ個人会員:4,000円、光設計研究グループ学生会員:無料

一般:10,000円、日本光学会及び共催・協賛団体個人会員:8,000円、光設計研究グループ賛助会員企業:8,000円

学生一般:2,000円、日本光学会及び共催・協賛団体学生会員:1,000円※当日、受付けにてお支払い下さい。

【定 員】    200名(定員になり次第締め切ります。定員オーバー後の申込みはその旨ご連絡致します。)

【参加申込】  添付の申込書の内容をE-mailにて下記申込先にお送り下さい。

(定員に余裕がある場合当日受付も可能です。)

【申込先】    パナソニック(株) コネクティッドソリューションズ社 メディアエンターテインメント事業部 南 和博

〒571-8504大阪府門真市松生町1番15号 TEL: 050-3687-0972

E-mail: k62reg@opticsdesign.gr.jp

【問合せ先】  コニカミノルタ(株) 産業光学システム事業本部 センシング事業部 川崎 貴志

〒590-8551 大阪府堺市堺区大仙西町3-91 TEL: 072-241-7651  E-mail: k62@opticsdesign.gr.jp

【ホームページ】http://www.opticsdesign.gr.jp/