第1回「社会に貢献する理研の工学研究」シンポジウム

 

 http://www.riken.jp/pr/events/symposia/20160722/

シンポジウム主旨

理研は日本で唯一の自然科学の総合研究所として、物理学、工学、化学、計算科学、生物学、医科学など幅広い分野で先導的な研究を進めて来ました。今回、光量子工学研究領域(RAP)を中心に、工学分野に焦点を当てて、社会に貢献したいという意図で進められている最近の研究を集めて、シンポジウムを開催することといたしました。企業や国、自治体、大学、研究機関、また理研内の異なる分野の研究者等多くの方々に私達の研究内容を知っていただき、連携を図る、事業化に活かすなど今後の社会への貢献を広げて行く起点にしたいと考えます。なお、理研では今回取り上げた研究以外にも、多くの工学研究が実施されています。今後それらについても順次取り上げ、シンポジウムが開催されることを期待します。多くの方々のご参加をお願いいたします。

 

日程・スケジュール

1)主催 光量子工学研究領域、前田バイオ工学研究室、情報基盤センター

オーガナイザー 前田瑞夫、緑川克美、姫野龍太郎、和田智之、野田茂穂、牧野内昭武

2)日程・場所:平成28年7月22日 理研和光研究所 鈴木梅太郎ホール

3)事務局  光量子制御技術開発チーム 和田智之
Tel: 048-467-9827
Email: swada[at]riken.jp ※[at]は@に置き換えてください。

4)講演プログラム

10時OO分―10時10分

開会の挨拶      理化学研究所理事                     松本洋一郎

10時10分―10時45分

1.主旨および「光量子ビームによる非破壊インフラ診断技術の開発」

光量子工学研究領域                     緑川克美

10時45分―11時15分

2.インフラ非破壊観察、路面の中も見える小型中性子源RANS

中性子ビーム技術開発チーム             大竹淑恵

11時15分―11時45分

3.超精密、微細加工と産学連携

大森素形材研究室                        大森 整

11時45分―12時15分

4.多次元計測から情報処理による現象の解明:工業材料から生体まで

画像情報処理研究チーム               横田秀夫

昼食

13時30分―14時00分

5.超精密光学素子の加工技術:先端科学機器開発から産業応用へ

先端光学素子開発チーム                  山形 豊

14時00分―14時30分

6. センシングデータで知る歩行動作

情報基盤センター 計算工学応用開発ユニット     野田茂穂

14時30分―15時00分

7.波長可変レーザーの光超音波を使った血管診断装置への応用。

光量子制御技術開発チーム                   和田智之

15時00分―15時30分

8.「DNAコンジュゲート材料の開発とシステム化による精密遺伝子診断」

前田バイオ工学研究室                         前田瑞夫

15時30分―15時45分

休憩

15時45分―16時15分

9.光固定化法を用いた診断用マイクロアレイ・バイオチップの開発

伊藤ナノ医工学研究室              伊藤嘉浩

16時15分―16時45分

10. 来たるべき水素社会への分散エネルギーシステム

光量子制御技術開発チーム、中村特別研究室

藤井克司、中村振一郎、三和田靖彦、和田智之

16時45分―17時15分

11.宇宙量子光学の推進:レーザー技術の宇宙・地球観測利用

戎崎計算物理研究室・時空間エンジニアリングチーム

戎崎俊一、香取秀俊

17時15分―17時30分

まとめ                前田瑞夫

 

18時から   懇親会  4000円