JPC関西主催セミナーの結果(報告)

2015年8月10日

このたび、昨今活気づくアグリやバイオ分野において、植物育成に欠かせない光技術を駆使した新たな産業創造の可能性を追求していくことを目的に、ノーベル物理学賞受賞の天野浩教授にJPC関西特別顧問としてご支援いただく形で、JPC関西の傘下に「アグリバイオフォトニクス産業化研究会(略称;ABPI研)」を設立しました。本ABPI研では、アグリやバイオ分野における、植物工場やバイオマス育成、さらには薬用生物育成等、光技術を駆使した新たな産業創造に向け、活動して参ります。
この機会に、アグリバイオフォトニクス分野の現状とビジネス展開における課題を理解して頂くために、セミナーを開催いたしました。お陰さまで、多くの方々に参加いただき、質疑応答時間や休憩時間にて、活発な意見交換が行われました。この分野に対する関心の深さを認識すると共に、今後のABPI研の活動に反映させて行く所存です。
以下に結果の概要を報告いたしますので、参考にして頂きたく宜しくお願い申し上げます。

【セミナー概要】
タイトル;LED/レーザーを用いた植物工場・バイオマス生産のビジネスを考えておられる方々へ
「光応用植物工場・バイオマス生産の基礎からビジネス展開へ」
開催時期;平成27年7月28日(火)13時00分~17時00分
会場;大阪大学(吹田キャンパス)産学連携本部A棟1Fセミナー室
参加者;19名(企業=15、大学=3、個人=1)

【講座要旨】
第1講座
講師;大阪府立大学 岡澤敦司 准教授 (植物バイオサイエンス分野の若手ホープ)
概要;機能性食品素材や医薬品の原材料生産などに不可欠の基礎知識をスマートに解説
第2講座
講師;豊田産業株式会社 豊田周平 社長 (光技術とビジネスに精通した異色のシニア)
概要;植物育成に必須の「光」の基礎知識及び植物ビジネスの現状と課題を情熱的に解説

【セミナーの様子】

セミナーの様子岡澤敦史 准教授豊田周平 社長

 

 

 

 

 

 岡澤 敦史 准教授

                                                           豊田 周平 社長

以上