光とレーザーの科学技術フェア2017 併設
JPC紫外線研究会企画協力「紫外線セミナー」

日本フォトニクス協議会は、来る11月14日より3日間、科学技術館で開催される「光とレーザーの科学技術フェア」を、日本赤外線学会、日本分光学会他の光関連学協会7団体とともに協賛いたします。
http://www.optronics.co.jp/fair/

また、展示会に併催する「紫外線セミナー」は、JPC紫外線研究会(平山秀樹委員長)が企画協力、共催しています。つきましては、JPC会員の皆様は特別割引料金でご参加できますので、会員の皆様に限定して下記の通りご案内申し上げます。会員各位の積極的なご参加をお願い申し上げます。どうぞよろしくお願い申し上げます。

【光とレーザーの科学技術フェア2017開催概要】 ◆詳細はPDF資料を参照ください

日時:2017年11月14日(火)~16日(木)(14日展示会終了後、懇親会を開催予定)

会場:東京 北の丸公園内 科学技術館 〒102-0091 東京都千代田区北の丸公園2-1
地図はこちら:http://www.jsf.or.jp/access/map/

主催:株式会社オプトロニクス社

協賛:日本フォトニクス協議会、日本赤外線学会、日本光学会、日本分光学会、レーザー学会、光学薄膜研究会、可視光半導体レーザー応用コンソーシアム、レーザー輸入振興協会

【紫外線セミナー プログラム】

UV-1コース  注目の深紫外LEDと市場展望
注目を集める深紫外LEDの最近の進展と実用化に向けた今後の技術開発のポイントについて、ワイドギャップAlGaN系半導体の結晶成長、高効率発光などについて概説、光取出し効率改善、深紫外LEDの応用展開について述べる。

UV-1コース  注目の深紫外LEDと市場展望 11月16日(木)  9:30-12:25  
深紫外LED高効率化の進展と展望 理化学研究所 平山 秀樹
深紫外LEDの高効率光取り出し技術 理化学研究所
丸文(株)
平山 秀樹
鹿嶋 行雄
深紫外LEDの開発と応用展開 旭化成(株) 久世 直洋

UV-2コース  応用から見る紫外デバイス開発
UV-LEDによる、水殺菌、空気殺菌、消臭、捕虫等への応用を述べる。その後皮膚科における治療器、紫色光によって近視の進行を抑制する技術を話す。

UV-2コース  応用から見る紫外デバイス開発  11月16日(木) 13:20-16:15
高出力、高効率紫外LEDの水殺菌、空気殺菌、消臭、捕虫etc.への応用 ナイトライド・セミコンダクター(株) 村本 宜彦
紫外線皮膚治療器の開発 ウシオ電機(株)(名古屋市立大学兼務) 益田 秀之
バイオレットライトによる近視進行抑制技術 (株)坪田ラボ 近藤眞一郎

参加費:

□対象会員:JPC個人正会員、産業用LED応用研究会個人正会員、JPC関西個人正会員
      2,500円(税込み)/1コース当たり ※一般料金13,000円

□対象会員:JPC法人正会員、産業用LED応用研究会法人正会員、
      JPC関西法人正会員法人内1名無料

      法人2人目から、2,500円(税込み)/1コース当たり ※一般料金13,000円

※参加費は、当日JPC会員専用受付を設置して、現金で頂戴いたします。(領収書発行)
※上記セミナーについては、事前にJPC事務局に直接お申込みいただいた場合に限ります。
※上記JPC共催セミナー以外のセミナーについても、JPC会員は協賛団体割引が適用されます。
※一般の方の多数参加が見込まれます。可能な限り事前予約でお申込みいただけますようお願いいたします。

□申込:
上記正会員の方は e-mailまたはFAXで申込書ご記入の上、「JPC事務局」までお申込みください。申込書のダウンロードはこちら

申込先
FAX.03-3269-2551  Eメール:jpcs@j-photonics.org
担当:上野

□上記以外の併催セミナー全体のプログラム、他のセミナー参加お申込は下記をご参照ください。
JPC、JPC関西、産業用LED応用研究会正会員は協賛団体割引でご参加できます。
http://www.optronics.co.jp/fair/seminar.php

□光とレーザーの科学技術フェア2017 ご来場事前登録(無料)
http://www.optronics.co.jp/fair/regist_form.php

— 特定非営利活動法人日本フォトニクス協議会 —
事務局:〒162東京都新宿区新小川町5-5サンケンビル1F
TEL.03-5228-3541  FAX.03-3269-2551
Eメール:jpcs@j-photonics.org
Webサイト:http://www.j-photonics.org/