理事/個人会員

波平 宜敬
【現職】
 ●琉球大学 教授
 ●中国大連工業大学 客員教授
 ●NPO高度情報通信協議会 理事
 ●IEICEフェロー
【略歴】
1973年琉球大学(琉大)電気工学科卒。
東北大学大学院修士(1976年) 及び博士(1979年)課程修了。
1979年KDD㈱研究所入社。
1985-2003年ITU-T(国際電気通信連合)でSG15伝送方式の日本代表委員を務め、光ファイバ及び各種光測定法{カットオフシフト光ファイバ(ITU-T G.654;通称波平ファイバ)、the Namihira Relation[ITU-T G.650(AeffとMFDの近似式)]}等の国際標準化に貢献。
1983年KDDでのH2による光ファイバ損失増は、世界的な発見と評価され、2001年から琉大工学部教授。
H20年度国立大学法人 評価委員など。
【専門分野】
光伝送工学、光計測工学
【著書】
 ●DWDM光測定技術 (編著, オプトロニクス社(2001年))
 ●光測定器ガイド (共著,オプトロニクス社(1998年))
 ●光海底ケーブル通信 (共著,KEC出版(1991年))など多数.
【趣味】
写真撮影、テニス、野球、フルート演奏など

Copyright(C) 2009-2014 Japan Photonics Council. ALL Rights Reserved.