日本フォトニクス協議会は光関連団体、機関、企業と連携し、光技術の発展と光ビジネスの創出・確立を図ります

JPC関西

JPC関西会員専用ページはこちら

概要

ご入会のおすすめ

関西には環境やバイオ、太陽光発電等のエネルギーをはじめ、近年では先端医療、医薬・創薬、ロボットなどのポテンシャルの高い次世代技術が多数集積しています。一方、関西の多くの企業や研究機関において、LEDやレーザーを応用した様々なフォトニクスの技術開発が活発に進められています。これらポテンシャルの高い次世代技術とフォトニクス技術との連携は、省エネルギーや再生可能エネルギーといった環境負荷の低い製品、医療・福祉・介護・ヘルスケアといった高齢化社会対応製品、安心・安全を実現する製品など、社会的ニーズとして注目されている製品の実現に貢献するとともに、今後新たな技術的広がりも期待されています。

NPO法人日本フォトニクス協議会関西支部(JPC関西)は、様々な産業分野で広く利用されているフォトニクス技術と関西企業様との開発連携の促進を通した産業振興と企業発展、ひいては関西経済の躍進に少しでも貢献したいと考えています。

つきましては、関西の関連業界の多くの方々にご加入いただき、会員間或いは関連業界間の交流や人脈構築の場になることを願っております。JPC関西の趣旨にご賛同いただき、何とぞ積極的にご活用いただきます様お願い申し上げます。

基本方針

関西地域の光技術の発展と光ビジネスの創出を図る。
実績とノウハウをベースに新ニーズを発掘しその実現に必要なシーズ技術を開発する。
JPC関西の会員の成果に結びつくことを基本とする。
特に、地球に優しいグリーンテクノロジーの普及を推進する。

目的

JPC関西の基本方針に賛同し活動する会員を募る。
会員間または非会員との情報・意見交換及び協業の機会を提供する。
会員の満足度を高めるため会員のニーズを掌握する。

具体策

  • 定期的に講演会やセミナーなどを開催し、会員間及び異業種・異分野非会員との交流、産官学連携を図る。
  • 各地域の商工会議所や官庁(近畿経済産業局など)と連携する。
  • テーマに特化した分科会や専門委員会にてプロジェクトを立上げ、補助金・助成金制度を積極的に活用する。

規約

JPC関西の規約(PDF)

組織体制

JPC関西の組織体制

JPC関西の組織体制

行事・会議

  • JPC関西定例講演会及び交流会 4回/年
  • JPC関西セミナー 適宜
  • 分科会・研究会の行事 別途設定
  • JPC関西支部総会 6月頃

会員メリット

JPC関西やJPC本部が主催または協賛する交流会・講演会などの行事に、無料または割引にて参加することができます。また、各種行事において企業紹介の機会もあります。
JPC関西が発行する会報や情報などを受けることができます。
JPC関西またはJPC本部のWebsiteを通して会員のPR活動が無料で実施することも可能です。
JPC関西として分科会を設置し具体的なプロジェクトを推進することが可能です。

会員制度

会員の種類 年会費(円/1口)
JPC本部正会員
(関西支部、分科会登録可能)
法人 48,000
個人 9,600
JPC関西支部正会員 法人 20,000
個人 5,000
分科会正会員 法人 20,000
個人 5,000

※入会金なし
※入会時の年会費は半年単位で算出(4月~9月入会は1年分、10月~3月入会は半年分)
※法人会員の納入方法は相談に応じる

連絡先

特定非営利活動法人日本フォトニクス協議会関西
〒541-0043
大阪市中央区高麗橋1-6-10 豊田日生北浜ビル 豊田産業株式会社内
FAX 06-4963-3809
e-mail jpckansai★j-photonics.org

入会申込み

入会申込みフォームまたはJPC関西入会案内・申込書 よりお申込みください。

Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.