日本フォトニクス協議会は光関連団体、機関、企業と連携し、光技術の発展と光ビジネスの創出・確立を図ります

産業用LED応用研究会

  • HOME »
  • 産業用LED応用研究会

概要

委員長挨拶

委員長 天野 浩委員長 天野 浩  (名古屋大学教授)

古くからなじみの深いLEDは、近年一般照明としても大きな注目を浴びるようになり、省エネ要求の高まりとともに急速に普及が進んでいます。同様に産業用途の観点からみてもLED製品は、省電力・コンパクト・軽量・長寿命・耐衝撃性・デザイン性・ノイズレス・メンテナンス等様々な面で優れており、かつ紫外から赤外に至るまでさまざまな波長が実用化されていることから、今後その応用展開が多方面で進むものと期待されています。
そこで工作機械、FA機器、画像機器、産業用照明・表示装置、セキュリティ機器、医療機器、自動車機器、農業分野、研究開発等の産業分野への展開が期待される産業用LEDについて、その基礎から応用、評価に関する研究会を設立し、幅広い分野の方々にご参加を呼び掛けることにいたしました。
具体的な活動として、産業用LEDとしての技術シーズや国内外の開発事例の紹介と情報交換、応用製品の開発サポート、産学および企業間連携の推進、応用製品のアイデア検討などにつき、有機ELも含めた様々な関連機関・団体と交流を持ちながら、成果を上げる所存です。
この機会にご入会いただき、研究会活動を通して、どうぞ本研究会をご活用いただきますようお願い申し上げます。

産業用LED応用研究会委員会(順不同)

委員長
天野 浩 名古屋大学教授
(委員長代行:本田 徹 工学院大学教授)

副委員長
波平宜敬 琉球大学名誉教授

専門委員
本田 徹 工学院大学教授
渡邊博之 玉川大学教授
近藤英雄 LKL(株)
高尾敏弘 タカオ技術士事務所
上野直樹 (株)オプトロニクス社、本会担当理事

アドバイザー
山本和久 大阪大学教授

目的

本研究会は、産業用LED技術・応用製品の開発とわが国の関連企業活動の活性化に貢献し、省エネ、環境、安全など社会的ニーズに沿った企業活動の支援を行います。国内外の産業用LEDの現状と将来についての議論と調査研究を行い、今後の技術的課題とビジネス課題を明確にし、企業間あるいは産学間の業務連携を支援・推進し、成果をあげると共にその成果を広域的にPRいたします。

活動内容

  1. LEDビジネスと技術動向調査に関する定例研究会やセミナー、情報交換懇談会、見学会、関連展示会の開催、海外調査団の派遣、Webサイトやメール配信を活用した情報発信・情報交換等。
  2. 技術課題やビジネス課題の抽出のため異業種間交流の場を設置するほか、あらゆる機会を利用して会員の業務サポートを行い、会員同士あるいは会員外も含めた人脈形成、企業間や産学の技術協力、ビジネス連携のための支援活動。
  3. 応用製品の開発や特許化、および海外戦略を推進し会員事業の発展を図る。また、関連特許の調査や国内外で開催される関連会議・シンポジウムの動向調査とレポートの作成など、本研究会の目的を達成するために必要な活動。

会費

会計年度は毎年4月から翌年3月。既にJPCの法人会費を納入している企業は本研究会の法人会費は免除される。JPCの会員でなくても、本研究会に加入できる。その時の法人年会費は2万円、個人年会費は5000円。(個人会員は大学や公的研究所等の所属関係者のみ)

入会申込

入会申込みフォームよりお申込みください。

事務局

事務局長: 宇津野 操
〒162-0814 東京都新宿区新小川町5-5 サンケンビル1階
特別非営利活動法人日本フォトニクス協議会内
電話03-5228-3541 FAX03-3269-2551
E-mail : jpcinfo@j-photonics.org

Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.